INTERVIEW社員紹介

人とのつながりを大切に、
事業の価値を広めたい

人財開発事業本部 人財開発事業部 人財企画課
坂巻 涼太
2018年入社

周囲の支えが今の業務に生きている
もともと保育分野に興味があり、大学のゼミで福祉の社会的課題の分析を行っていたこともあって、就活は福祉業界を中心に行っていました。また、人材業界にも興味があったので「福祉×人材」の両面に携われるニチイが第一志望でした。
入社後は、新入社員研修を経て、医療関連事業に配属となり、主に病院で医療事務業務を中心に携わりました。事務といっても、患者様の受付対応もしますし、聞き慣れない病名にも対応しながら業務を行うので、一般の事務とはまったく違う仕事です。時には患者様から厳しい言葉をいただくこともありましたが、患者様の声に丁寧に耳を傾け、些細なことでも改善に向け取り組むことで、感謝の言葉をいただけるようになったのがとても嬉しかったです。また、初めて来院される場合は不安を抱いている患者様も多いので、相手の気持ちを想像して言葉遣いに気を配るなど、細やかな対応を意識するようになりました。当時は苦労の連続でしたが、手厚くサポートしてくださった社員の皆さんには感謝でいっぱいです。周りに支えられて現場業務を経験できたことが、今の業務にも確実に活きていると思います。

新規事業本部の発足メンバーとして
人材の雇用促進、教育事業の強化を目的として、ニチイに人財開発事業本部が新設され、その発足メンバーになりました。もともと就活をしていた頃から、人材に関わる業務に興味があり、自分のやりたいことにも合致していて嬉しかったのですが、知識も経験もゼロだったので正直不安もありました。やるべきことは、頭では分かっていても、実際にどのようにやればいいのだろう…という状態でした。そこで、まずは上司とともに会議などに参加し、自分の目で見て、聞いて、積極的に知識や情報を得ることから始めました。
その後、全国の支店から採用人数や面接数などの数字を取り寄せ、集計・分析に着手しました。最初は数字を管理しているだけでしたが、徐々に「この支店は人材が採れている」、「この時期は採用数が減っている」といったデータから情報を読み取ることができるようになりました。それと並行して、新たな求人・採用の手法も模索するようになり、他社との差別化のため、どうすればニチイにマッチした人材を確保できるのか、様々な媒体の可能性を探っていきました。

事業の社会的意義を発信していく
現在、私が中心となって取り組んでいるのが、新卒介護職採用に向けた介護事業のブランディング活動です。介護に対して広く興味・関心をもっていただくために、どんなメッセージを発信すべきかを考え、施策を具体化しています。その一環として、介護の現場で働く方々を集めたディスカッションや、全国の介護拠点への取材を実施しました。当社サービスの最前線で働いている方々の生の声を聞くと、新たな発見がありますし、介護の仕事のやりがいや楽しさについてもっと知ってほしいという現場の想いも感じます。
長期プロジェクトなのですぐに結果は出ませんし、社内の意見をまとめる苦労も多いです。しかし、経営陣にプロジェクトの意義を認めていただいていますし、若手のうちから大きな仕事を任せてもらっているので、やりがいは大きいです。そして何より、介護業界全体のイメージを変えることが出来るのは、リーディングカンパニーだからこそ。ゆくゆくは、医療や保育についてもニチイの想いを発信し、事業の社会的意義や価値を世の中に広めていきたいです。

現場での一日(医療現場の頃)
8:20 朝礼
8:30 受付で患者様対応、カルテ準備、各外来への案内
12:00 お昼休憩(※お昼は11:30〜13:00で取れるときに)
13:00 電話対応、外来受付
17:00 退勤
現在の一日
9:00 メールや社内通達などのチェック
10:00 ミーティング、意見交換
12:00 お昼休憩
13:00 協力会社との会議、取材など、デザインのチェックとフィードバック、会議資料の作成
17:15 退社(日によっては、残業することも)