INTERVIEW社員紹介

現場経験を活かし、
保育事業全般に携わりたい

保育事業本部 事業部 事業推進課
小和口 奈穂
2018年入社

現場を知り、想いに寄り添えるように
高校生の頃、障がいを持つ方のサッカーコーチのボランティアをしたことがきっかけで福祉に関心をもち、大学では社会福祉学科で児童福祉を専攻しました。就活の際に自分の「軸」にしていたのは、「人の役に立つ仕事ができること」。その点でニチイは、保育をはじめ、医療、介護など様々な分野で事業展開しており、総合職は広く事業に携わることが出来る点に大きな魅力を感じて志望しました。
入社後は、保育事業への配属となり、保育園に。専門的な知識が足りないまま現場に飛び込んだので、当初は園児との接し方はもちろん、おむつの換え方すらわからない状態でした。でも、周りの保育士の皆さんがとてもあたたかく親切で、支店の方からのフォローも手厚かったので、次第に仕事に慣れ、保護者対応もできるようになりました。何より、園児から「奈穂先生」と呼ばれるのがとても嬉しかったです。
振り返ってみると、このとき保育の現場を経験したからこそ、現場の職員の方々の気持ちや想いに寄り添って物事を考えられるようになり、それが今の自分の強みにもなっていると思います。

業務を通して経験値を上げていく
入社から現場勤務経験後、本社の保育事業本部へ異動に。拠点(保育現場)の園児数の管理や、営業用の保育園紹介ツールの作成など、保育現場とはまったく違う業務なので、最初はかなり戸惑いました。マルチタスクを処理するため、どの仕事にどれくらい時間をかけるべきか、自分でスケジュールを管理して進めるスキルが求められるからです。それでも何とか乗り越えられたのは、周りの支えがあったからこそだと思います。「やさしさを、私たちの強さにしたい。」というブランドスローガンの通り、ニチイには、思いやりのある方が多いです。困っている人は放っておかない、熱く教えてくださる雰囲気がありますね。
そして、現在は事業推進課へ配属となり、支店や拠点の売上を確認し、予算未達成の要因を探るとともに、改善に向けた指導を行っています。大切にしているのは、会議等を通して現場の話を聞き、一緒に答えを出す姿勢。数字だけでは見えないことも多いので、現場によって異なる様々な要因を推測し、適切な改善策を提案できるよう、経験値を上げていきたいと思っています。

長期的な視点を持った働き方を
現在は、保育事業を主に「数値」から見る業務を担当していますが、いずれは保育園のサービスや保育の内容、人材確保への対策といった、「ソフト面」を考える部署や保育拠点を立ち上げる開発の部分から携わることにも興味がありますね。幅広く経験することで、保育事業全般を知りより職員の方にとって働きやすい環境にしていきたいという想いがあるからです。
また、個人的には、結婚や出産といったライフイベントを迎えても、仕事と両立できる人材を目指したいですね。周りには、お子さんがいらっしゃる社員も多いですし、時短勤務も利用でき、働くスタイルも様々です。色々な話が聞ける環境で、ロールモデルとなる方が沢山おり、とても心強く思っています。
今、就活中の皆さんにお伝えしたいのは、人の役に立つ仕事がしたい方には、ニチイはぴったりな会社だということ。私もそうでしたが、「こういう仕事がしたい」という自分なりの軸をしっかり持って企業をみていただき、その結果、ニチイを選んでいただけたらとても嬉しいです。

現場での一日(保育園勤務の頃)
8:30 前日の申し送りや連絡帳の確認
9:00 業務開始、朝の会やおやつの補助
10:00 お散歩の同行、写真撮影など
12:00 お昼ごはんの補助
13:00 お昼休憩
14:00 園児の午睡中に事務業務など
15:00 おやつの補助、帰宅準備、保護者対応
17:15 退園
現在の一日
8:30 メールチェック
9:00 朝礼、業務報告
10:00 見積管理や経理精算、庶務
12:00 お昼休憩
13:00 契約書の押印、請求書の確認、収支の分析、入園対応
17:15 退社
  • ホーム
  • インタビュー
  • 小和口 奈穂