全国の「想いを胸に」。

ニチイの成長を推進してきた
全国94支店のネットワーク。
ニチイを支える、地域の先輩社員が
どのような想いで日々働いているのか、
ご紹介します。

宮城県 仙台市

東日本支社
事業二課 主任

村上 春樹

(2011年入社)
厳しい気象条件の中で
お客様に寄り添うスタッフの力に

高齢者施設で働く母の姿を見ていたことやボランティア活動を通じて、対人援助の大変さとやりがいを知りました。そこで、福祉の職場環境を改善したいと思い、全国で事業を行うニチイを志望しました。私が所属する東日本支社が管轄する東北などでは、冬場、雪が積もると高齢者の方は移動手段が限られ、デイサービスをキャンセルするケースも少なくありません。積雪の影響でサービスを休止する事業所もあります。そんな中、ニチイのセンター長は毎朝毎晩拠点の雪寄せを行い、デイサービスの送迎や訪問介護を提供するスタッフは車が入れなければ雪かきをしながらでもお客様の玄関先へ向かい、可能な限りサービスを提供しています。そんなお客様に寄り添うスタッフの働く環境を守り、整えていきたい。それが、お客様に貢献することだと考えています。

※掲載内容は取材当時のものです。

静岡県 静岡市

静岡ヘルスケア事業支店
ヘルスケア課 マネージャー

鈴木 花織

(2010年入社)
介護業界の人材不足という課題解決。
まず、静岡で貢献すること

大学入学時から「福祉系」の仕事に就きたいと思っていました。大学での実習やボランティアを通じ、現場で働くスタッフの皆さんがより働きやすい環境を創りたい、と考えるようになり、ニチイなら私の夢を叶えることができると入社を決めました。静岡は高校卒業後に東京や名古屋など、県外に出て、そのまま都心で就職する方が多く、介護の担い手不足が懸念されています。また、独居や高齢者のみの世帯も多く見られます。介護業界最大手として、地域包括支援センター・病院・介護事業所など、地域のネットワークを大切にし、より適切により早く、お客様に必要なサービスを提供していきたい。介護業界の人材不足という課題解決に貢献していくことが私の強い想いです。

※掲載内容は取材当時のものです。

大阪府 大阪市

近畿在宅介護事業部 人材課

高田 結衣

(2012年入社)
人を育成できる人材になること
現場のスタッフに寄添いながら成長を遂げたい

就職活動で出会う人事担当者や先輩社員など、ニチイではすべての方がとても優しく、真剣に接してくれたことがとても印象的でした。また、どの事業に関わっても、人の生活を支援する仕事ができる。私にとって、ニチイは非常に魅力的でした。入社してからは、広報部や西日本エリアを管轄する支社、介護ヘルスケア事業支店等、あらゆる部署で経験を積んできました。育児休業を経て、現在は、近畿エリアの介護事業拡大に向けて、より多くの人材を確保できるよう、日々邁進しています。私の最大の目標は、“人を育成できる人材になること”。そのためには、今、あらゆることを吸収して、知識と経験を身につけ、自分自身も成長していくこと。それが大切だと思っています。

※掲載内容は取材当時のものです。

岡山県 岡山市

中四国支社 事業一課 課員

上原 駿

(2017年入社)
現場で培った経験を基盤に、
価値あるサービスを創造できる人材を目指して

大学在学中に介護実習を経験し、「誰かのために役に立つ仕事がしたい」と考え就職活動をしていました。ニチイ学館は複数の事業から成り立ち、さまざまな観点からお客様にサービスが提供できる点に魅力を感じ、入社を決めました。現在は中四国エリアを統括する支社の医療関連事業を担当する部署に所属しています。支社では、管轄支店の事業計画を推進する為、医療機関に対する営業提案や受託業務の管理とサポートを行っています。今後は、日々ニーズが変化する社会で、価値あるサービスを創造できる人材になりたいです。その過程として、支社だけでなく現場でも業務経験を積めたことは大きな財産であり、今後のキャリアの「ものさし」にもなると考えているので、引き続き目標にむけ業務に取り組みたいと思います。

※掲載内容は取材当時のものです。

福岡県 小倉市

小倉支店 医療関連事業
営業課 課長補佐

中村 佳広

(2010年入社)
情に厚い北九州の地で、信頼関係を
大切に、お客様と向き合っていく

ニチイは若手であっても主体的に行動でき、チャレンジできる環境があると感じ、入社しました。その直感どおりの会社だったと思います。現在は、公的病院、民間病院、診療所の医療事務業務を主な対象に、収益向上という課題に取り組んでいます。北九州は世界文化遺産の官営八幡製鉄所に代表される鉄鋼業の町です。さらに炭鉱で栄えたエリア。同時に、かつての炭鉱、製鉄業労働者のケアを行うために医療が発展し、全国でも有数の医療機関の密集地域になります。こうした土地柄か、お客様は「情に厚い」方が多く、その期待に応えるため、私は信頼関係を特に大切に活動しています。これからも志を高く持ち、より良い提案ができるよう、お客様に向き合っていきたいと思います。

※掲載内容は取材当時のものです。

SEMINAR ENTRY